大学院

友岡研究室

友岡 秀秋

Hideaki TOMOOKA

教授

研究(専門)分野
セラミックデザイン

研究室概要

専門領域はセラミック産業に於けるプロダクトデザインである。本研究室の一貫した理念として様々なデザインプロセスにおいて各専門家との協議、協力無しでは有り得ないということを掲げている。そうした理念のもと学生には、セラミック素材の可能性を全過程において探り続けさせる。またプロデューサーでもあることの自覚を持たせることにより、独りよがりのデザインに終わらず、有意義な産学連携にも繋がっていくと確信している。研究テーマは学生各自が設定し、デザインプロセスの重要性とその理念に基づき指導する。

博士前期課程

  • 陶磁・陶磁器デザインの研究1A、1B
  • 陶磁・陶磁器デザイン1Ⅰ、1Ⅱ、1Ⅲ、1Ⅳ
  • 修士作品(陶磁領域)